宮城県における看護師の求人傾向、お仕事の内容を紹介

震災の影響が気になります

「専門性を高めるために症例数の多い大型病院で働きたい」、「看護業務を総合的に勉強したいので一般・公立病院を希望している」、「育児の関係上、日勤のみのクリニックじゃないと仕事を続けるのが難しい」、「数年のブランクがあるので、復職後のサポート体制が整った病院を探している」など、看護師の皆さんが新しい職場に求める条件はキャリアプランやライフスタイルによってさまざまです。

そのほか、訪問看護ステーション、介護施設、ツアーナースなど看護師の資格を活かして新しい分野にチャレンジをしてみたい方、あるいは先の東日本大震災を目の当たりにして災害支援ナースの知識・技術習得に関心をお持ちになられた方も少なくないと思われます。

東北6県のなかで最も人口が多い宮城県は医療機関の数でも他県を圧倒しており、東北大学病院(仙台市青葉区)、東北労災病院(同)、県立がんセンター(名取市)、県立循環器・呼吸器病センター(栗原市)をはじめとする153の病院と1571もの診療所が存在しています。病院の過半数(83施設)は仙台市にあり、自治体病院、東北大学医局の関連病院が多いのが特徴です。

全国平均と比較

宮城県で働く看護師数(正看のみ)は約12,000人で、人口10万人あたりの比率では全国平均の約1,000人を下回る約850人となっています。県下全域で人手不足になっているのではなく、仙台医療圏に偏在している傾向にあります。現在は二次医療圏単位、あるいはより広域な単位で医療サービスを提供できるように病院間の再編・ネットワーク化が進められていますが、震災等の影響もありこの偏在傾向はしばらく続くものと思われます。

実務経験年数で給与はある程度決まる

平均月収は上のグラフが示す通り全国平均よりも約2万円低い30万円となっていますが、年間賞与・その他特別給与額では全国平均の78.6万を上回る80.3万円となっています。

平均勤続年数は全国的に見ても高い9.4年となっています。ただし2011年度の離職率を見ていると、全国平均の10.9%に対して10.5%とほぼ同じ数字ですので、結婚や出産後も働き続けられる体制が整った医療機関が他の地域よりも多いとは言いかねます。

有効求人倍率は約3倍と売り手市場が続く看護師ですが、必ずしも引く手あまたという訳ではありません。というのも、医療機関側は病棟勤務(夜勤を含む)の経験が豊富な看護師を即戦力として求める傾向にある一方で、看護師側は外来での日勤業務(クリニックを含む)を希望する方が多く、双方の間にギャップが生じているためです。

希望の職場を見つけるためには、「お給料は○×万円以上で、有給消化率が高くて、学会参加への補助があってetc…」と何もかも優先するのではなく、自分のキャリアの「棚卸し」をしっかりと行い、「コレだけは譲れない!」という条件に絞って情報収集を行うとよいでしょう。